トップ << 業務内容 ウルトラコラム工法NEO

ウルトラコラム工法NEO

ウルトラコラム工法NEOは、実績のあるウルトラコラム工法の技術をベースにして、
環境負荷低減・品質向上を達成した柱状改良工法です。特殊混和剤(ウルトラリキッド)を使用することで、
セメントミルクの水固材比を最高40%まで高濃度化でき、高強度低残土の柱状改良体を築造できます。

コラム径φ400〜1,600mm、改良長最大20mまで適用範囲が広がりました。


ウルトラリキッドの添加によるメリット

品質の向上 環境負荷軽減
W/C減による強度が増加。
W/C減による注入量の減少。
スラリーの流動性向上。
固化材量の減少。
発生残土の減少

攪拌装置

先端に固化材の吐出口を設けた中空ロッド、攪拌翼、
十字型共回り防止翼で構成されます。
共回り防止翼「大」は、翼長が掘削径よりも長く、
地盤から反力を得ることで土の共回りを防止します。
また、共回り防止翼「小」は翼長が掘削翼よりも短く、
貫入時の抵抗を抑えるとともに、
粘性土地盤の攪拌・混合に効果を発揮します。


建築技術性能証明を取得

ウルトラコラム工法は、
財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明
を取得しています。

財団法人日本建築総合試験所は、昭和39年(1964年)に設立された
国土交通省・経済産業省共管の公益法人です。
建築全般に関する試験、評価、開発研究等を行うことにより、
建築物の質の向上、安全性の確保を図り、国民生活の向上に貢献することを目的としています。

財団法人日本建築総合試験所ホームページ


幅広い用途に対応

建築物の基礎の他、盛土の沈下・すべり対策、土留め壁、止水壁など、幅広い用途に利用できます。

小規模建築物の基礎 中層建築物の基礎 河川築堤・護岸の基礎
小規模建築物の基礎 中層建築物の基礎 河川築堤・護岸の基礎
道路・盛土の沈下防止 山留め・止水壁 隣接構造物への影響防止
道路・盛土の沈下防止 山留め・止水壁 隣接構造物への影響防止

HOME │ 家を建てられる方へ │ 業務内容 │ 地形セミナー │ 減災 │ 相談室 │ 会社概要 │ リンク

お問合せ

お名前
E-mailアドレス
お問合せ・ご相談内容