トップ << 業務内容 モードセル工法 << 従来の修復工法との比較

モードセルアンカーボルトは、傾いた住宅を容易に修復できる「液状化対策用アンカーボルト」としてWASC基礎地盤研究所が開発しました。


従来の修復工法との比較

液状化で不同沈下し傾いた戸建住宅の修復方法は主に以下の4種類ありますが※1、モードセルアンカーボルトは、東日本大震災の修復工事で最も多く実施されたと思われる「土台揚げ工法」を、より効率的かつ容易に行えるように工夫したもので、以下の金額的・構造的メリットがあります。

工法名 アンダーピニング工法 耐圧版工法 注入工法 土台揚げ工法 モードセル工法
工法の概要 基礎下を掘削し、建物荷重により0.5m程度の管杭を継ぎ足しながらジャッキで圧入する。支持層まで圧入後、これを反力にジャッキアップする。 基礎下を順次掘削して、良質な地盤面に一体の耐圧版を敷設し、耐圧版を反力にジャッキアップする。 基礎下へ薬液等を注入し、注入・膨張圧によりジャッキアップする。 基礎を一部斫り、アンカーボルト及び鉄筋を切断し、土台下に爪付きジャッキを挿入してジャッキアップする。 従来からの土台揚げ工法を、より効率的かつ容易に行えるように工夫した修復工法
施工条件 地下
水位
地表面-2m以深
(掘削孔以深でないと
作業不可のため)
地表面-2m以深
(掘削孔以深でないと作業不可のため)
条件無 条件無 条件無
基礎
形式
布基礎・べた基礎 布基礎・べた基礎 べた基礎 布基礎・べた基礎 布基礎・べた基礎
不同
沈下量
条件無 条件無 200mm程度以下 100mm程度以下 200mm以下
隣地境界距離 1m程度 1m程度 1m程度以上 0.5m程度以上 条件無
工期 4〜8週間 3〜5週間 1〜2週間 3〜5週間 1〜2週間
工事費用※2 600〜1000万円
(支持層の深さにより大きく変動)
500〜700万円 300〜600万円
250〜400万円 150〜200万円
再沈下の
可能性
東日本大震災における浦安市の一部街区での工法別割合※3 7% 12% 15% 30% -


土台揚げ工法とモードセル工法を比較すると…

  通常のアンカーボルト モードセルアンカーボルト
ジャッキアップ時の作業 アンカーボルトの切断 なし
コンクリートの斫り なし
基礎鉄筋の切断 なし
床・壁の一部解体 なし
基礎の強度低下の可能性 なし

戸建住宅の液状化による沈下傾斜の修復工法としては、上記の4種類が挙げられます。
その内、土台揚げ工法を効率的かつ容易に行えるように工夫した工法がモードセル工法です。

参考資料

※1.日本建築学会:小規模建築物基礎設計指針,日本建築学会,2008.03

※2.日本建築学会:住まい・まちづくり支援建築会議 情報事業部会 復旧・復興支援WG
http://news-sv.aij.or.jp/shien/s2/ekijouka/repair/index.html

※3.伊奈潔・藤井衛・安達俊夫:小規模建築物の液状化被害復旧工事の実態調査,
2012.09/日本建築学会大会学術講演会梗概





HOME │ 家を建てられる方へ │ 業務内容 │ 地形セミナー │ 減災 │ 相談室 │ 会社概要 │ リンク

お問合せ

お名前
E-mailアドレス
お問合せ・ご相談内容