トップ << 業務内容 モードセル工法 << モードセルアンカーボルトの概要

モードセルアンカーボルトは、傾いた住宅を容易に修復できる「液状化対策用アンカーボルト」としてWASC基礎地盤研究所が開発しました。


モードセルアンカーボルトの概要

機構は、下記の3点から成ります。

全ネジボルト
修復時は、引張り上げられます。

可動ナット
全ネジボルトとアンカーパイプをネジで連結しており、ネジを外すと全ネジボルトを上下させることができます。

アンカーパイプ
基礎に埋設され、全ネジボルトの余長を格納しています。


評定(製品の品質証明)取得
一般財団法人ベターリビング※において、強度・耐久性についての審査により、その品質を確認頂きました。

評定番号
CBL MI001-14号

取得年月日
2015年3月31日


1. 対象建物

・建築基準法第6条第4号に該当する建築物(いわゆる四号建築物)

・土台寸法が105角・120角の土台を使用する建築物

・換気スペーサー仕様(ねこ土台)

・床下空間の施工スペース(350mm)


2. 対象地盤

スウェーデン式サウンディング等の地盤調査により、地震時に液状化の可能性が推定される地盤

液状化の可能性が少しでも推定される(ゼロではない)地盤に
新築する四号建築物すべてが対象となります




HOME │ 家を建てられる方へ │ 業務内容 │ 地形セミナー │ 減災 │ 相談室 │ 会社概要 │ リンク

お問合せ

お名前
E-mailアドレス
お問合せ・ご相談内容