トップ << 家を建てられる方へ 住宅瑕疵保険と地盤保証

地盤総合保証『THE LAND』が新瑕疵保険に対応し、さらに進化!

住宅瑕疵担保履行法に基づく新しい保険がスタートいたしました。

  • 新瑕疵保険基準では、地盤調査は必要となりました。
    しかし基礎についての施工基準は各社設けているものの、
    今までと同様に基礎の判定に瑕疵がある場合は保険金支払いの
    対象となりますが、今までと同様に地盤に起因する事故に
    ついては保険金支払いの対象となりません。
    ご注意ください。
  • 瑕疵保険法人が地盤調査業者や改良工事業者を指定することはできなくなりました。
    また、瑕疵保険法人が地盤保証業者を指定することもできませんので、地盤保証が別途必要になります。
    つまりこれからはお施主様自身やビルダー様自身が、信頼できる地盤調査会社を選択して、
    地盤調査や地盤改良工事を行うこととなります。信頼できる地盤業者や地盤保証を選択しましょう。
  • 新瑕疵保険の開始に伴い、グランドワークスの地盤保証「THE LAND」も進化しました。

期間10年確定のPL保険が付保されるシステムとなります。

これは他の地盤保証会社には無い画期的なシステムです。
最悪の場合として、地盤会社とビルダー様がなくなっている場合でも、
10年間の保証期間は地盤保証会社により保証が継続されます。

どこの建物瑕疵保険への組み合わせも可能になります。

新瑕疵保険法人が、特定の調査・改良会社や地盤保証会社を指定することは「実質禁止」されました。
調査会社や保証会社を自由に選ぶことができます。「THE LAND」をどこの瑕疵保険とも組み合わせることが可能です。

安心の基礎着工日より保証開始になります。

安心の基礎着工日より保証開始し、引き渡し後10年間の保証となります。
引き渡し前の建設中の不同沈下事故でも保証できます。
事故率の低い「THE LAND」だからできました。

ビルダー様も被保険者となり、「地盤損壊特約」も付保されます。

最終的な法的責任者であるビルダー様も被保険者となれます。
これも他の地盤保証会社には無い、画期的なシステムです。
また1番高額なジャッキアップ費も「地盤損壊特約」で確実にお支払いできます。

電子認証システム付地盤調査を採用しています。

いつ・どこで・だれが行った調査で、調査データの存在性や信頼性はどうなのか。
GPS・タイムスタンプを標準化し、改竄のできない電子認証付きデータと写真として提供していきます。
緯度・経度や日本標準日時が自動記録され、日本ベリサイン社により電子認証されたデータを提供します。
国土交通省の提唱する超長期住宅や住宅履歴書にも対応できます。


HOME │ 家を建てられる方へ │ 業務内容 │ 地形セミナー │ 減災 │ 相談室 │ 会社概要 │ リンク

お問合せ

お名前
E-mailアドレス
お問合せ・ご相談内容